At the car dealer, Salesman and client shaking hands model released property released PUBLICATIONxINxGERxSUIxAUTxHUNxONLY MLF000027

AT The Car Dealer Salesman and Client Shaking Hands Model released Property released PUBLICATIONxINxGERxSUIxAUTxHUNxONLY MLF000027

ディーラーへ下取りに出すことの買取り店にはない大きなメリット

車の売却をする際に迷うのが、ディーラーに下取りに出すか、それとも買取専門店に持ち込むかという点ではないでしょうか?

そこでディーラーへの下取りのメリットについて、買取店に持ち込む場合と比較しながら考えてみることにしましょう。

車をディーラーに下取りに出すことのメリットは、あらゆる点において融通が利くということです。

新しい車を買う契約をしたとしても、その車が納車されるまでには時間がかかります。

人気車の場合ですと、何ヶ月も先にならないと納車されないこともしばしばあります。

ディーラーへの下取りであれば、その車を納車の日まで引き続き乗り続けることが可能です。

まれにディーラーから車を渡して欲しいと依頼される場合もありますが、その際でも代車を手配してくれますので、不便な生活を強いられることはありません。

こうした融通が利くのがディーラーに下取りに出すことのメリットの1つです。

これが買取業者を利用する場合ですと、新車の納車日に都合よく合わせてくれるという保証はありません。

あくまでもその車を買い取りすることだけですので、査定をして値段を出した車を納車の日まで待ってくれるというお店は少ないと思います。

買取業者と契約をするのは、車を手放すことが条件となりますので、仮に買取り金額を提示してもらったとしても、納車の日にその金額で買い取る保証はまったくないわけです。

中古車の価格というのは日々変動しますので、車によっては納車日までに数十万円査定額が下がってしまうということもあり得ることです。

買取り店はディーラーよりも高額な金額を提示することが多いですが、それは今すぐその車を手放すことが前提で算出した査定額であることを知っておくべきです。

ところが、ディーラーでの下取りの場合には、納車がどれほど先に延びようとも、新車を買う契約をした時の査定額で下取りをしてくれます。

ディーラーにおける車の下取りは、新車などの購入が前提となっているので、ある程度融通が利きますし無理も聞き入れてくれることもあるわけです。

買取り専門店の査定額が高いというイメージばかりが先行しがちですが、実はディーラーへの下取りにもこのような大きなメリットがあるわけです。

 

参考サイト:ネット見積もりとディーラーはどちらがお得?

kuruma futari 5

買取り業者との交渉にはなるべく二人で行くようにしましょう

車の査定をお願いするとき、あなたはどうやって対応しますか?

自分一人で業者と対応しますか?それとも誰かと一緒に行きますか?

もちろん、一人で対応するという人も多いことでしょう。

過去に何度が車の買い取りを経験したことのある人なら、交渉の仕方もわかっていて、冷静に話を進めていくことができるので一人で対応してもいいと思います。

しかし、車を売るのが初めての人であれば、なるべく誰かほかの人と一緒に行って業者の対応を行ったほうがいいいと思います。

特に女性は、男性に同伴をお願いしてみることをおすすめします。

車の査定をするのは、たいていの場合男性スタッフなので、専門用語を交えてもっともらしく主張されると、女性一人では反論することが難しいことも多いと思います。

業者は、なんとしてもその車を買取りしたいと思ったら、かなり強引に説得してく場合が少なくありません。

まさに口八丁手八丁で攻めてきます。

そういう状況のときに、ある程度車に詳しい男性と同伴ということであれば、業者の言いなりになることもなく、第三者としての意見も聞かせてもらえるのでとても助かるはずです。

また、二人で対応をすることにより、一人で対応しているときよりも、自分自身も冷静でいられることが多く、変にプレッシャーを感じることも少なくなると思います。

独身の女性であれば彼氏や友人、既婚の女性であれば旦那さんを連れて行くといいと思います。

もちろん、女性二人で行っても問題はありません。

ただしその場合は、日和見主義的な人ではなく、しっかりと自分の意見を主張できる人と一緒に行くようにするといいでしょう。

車の買取りに関する契約は、一度書類にハンコを押してしまうとキャンセルが困難です。

キャンセルをしようとすると、高額なキャンセル料を請求してくるような業者もなかにはあるようです。

あとで後悔をしないためにも、一人で業者と対等に渡り合えるというハートの強い人以外は、誰かと一緒にいくことが無難だといえます。

kuruma okane 6

車の乗り換えを何度か経験してみて学んだこと

車を乗りかえる時には、どうしても新しい車のことばかりを考えてしまいがちです。

新しい車に乗っていろいろなところに行ってみたいとか、乗り心地はどんな感じなのだろうとか、そのことで頭がいっぱいになってしまうに違いありません。

そのため、手放す予定の車のことに関しては、つい見過ごしがちになってしまうものです。

しかし、いま乗っている車をいかに高く売却するかということも、実はとても重要なことなのです。

車は高額商品ですので、売却先を間違えると、数十万円も損をすることになりかねません。

私もこの10年間に車を3回乗りかえていますが、そういったことはあまり深く考えずに、1回は下取り、もう一回は家の近くの大手買取業者のお店で売却をしました。

特に最初のときは、新車の見積書を見て、新車の値下げ分と、下取りの区別がわからないまま何の疑問も持たずに古い車を手放してしまいました。

いまにして思えば、なんともったいないことをしたと思います。

これまで私は、スポ-ツカ-にずっと乗っていました。

確かに、デイ-ラ-の人がいう、「何年乗っているから大体、下取りはこれくらいです」という話は、国産セダンやミニバンなどであれば当たっているのだと思います。

しかし、スポ-ツカ-は専門店に持って行くと 2割増しで引きとってくれる場合があるのです。

当たり前ですが、そういうことは、ディーラーでは絶対に教えてくれませんでした。

そういう苦い経験もあり次の買い替えのときには、車の売却は買取専門店に依頼することになったわけです。

買取り価格そのものには満足できたのですが、スタッフの強引な接客態度に少々閉口したものでした。

本当はディーラーと買取り店で競争をさせたかったのですが、思っていた以上の金額提示があったため、営業マンに押される形でそのお店に売却をしてしまいました。

しかし、いまから考えるとこれも失敗で、本来であれば複数の買取り業者に査定をしてもらった、なるべく高く買い取ってくれるところを冷静に探すべきでした。

いまなら、一括査定サイトなどというネット上の便利なサービスもあります。

自分自身、車の乗り換えをするたびに、古い車の手放し方も少しずつ賢くなってきているような気がします。

いま乗っている車を数年後に手放す時には、一括査定サイトをぜひ利用してみたいと考えています。

kuruma suutsudannsei

素人VSプロにならないための信頼できる車買取り業者探し

中古車を買取り専門店に売るにしても、ディーラーに下取りをしてもらうにしても、相手はプロでありこちらは素人だということを認識しなくてはなりません。

今やインターネット時代となり、中古車市場においても業界の情報はオンラインで瞬時に伝わるようになっています。

そのため、中古車の価格も相場に合わせてリアルタイムで変動することになります。

株などの相場に素人が手を出すと大やけどをするのと同様に、中古車の売却においても、株の相場のようにリアルタイムに変化する価格に素人が手を出すのは危険といえます。

そんな危険をともいえる行為に中古車の素人である私たちが手を出すより、信頼できるメーカーやディーラーに価格をゆだねる方が安全です。

買取り価格がどうのこうのという前に、まずは「この会社なら」「この人なら」と思える会社なり担当者なりを探すことです。

もちろん、安心できる中古車売買のプロを探す行為も簡単ではありません。

自分の今までの経験や周りの方のアドバイスなどを参考にしても良いですし、ネットなどで検索をして探してみるのも良いでしょう。

手がかりとなるものが全くないという人は、ネットでは中古車の査定を数社に一括で依頼できるサイトも存在するので、そういったところを利用してみるといいでしょう。

もちろん、業者から提示された査定額だけをみても、その会社や担当者の善し悪しは判断できません。

ネット経由で査定額の提示があった業者を何社か選んで、実際に会ってみることが大切です。

そして、その会社や担当者の対応や誠実さをみて、信頼しておまかせできるプロかどうかを判断すればいいわけです。

本当に良い業者や営業マンというものは、人の話をよく聞くものです。

人の話をろくに聞かずに自分だけが一方的にしゃべるような担当者であれば、あまり信用が出来ませんので候補から外すべきです。

もちろん、約束の時間を守らなかったり、ろくに挨拶も出来ないような担当者は論外です。

車の売却というのは、場合によっては10万円や20万円もの金額がつくことも少なくないですので、業者選びは本当に慎重になるべきです。

一番やってはいけないのが、ネットで提示された見積もりを見て、単純に高い査定額を提示した業者に決めてしまうことです。

そういう決め方は、まさにプロである彼らの思うつぼとなってしまいます。

素人である私たちが、その業者以外の選択肢がなくなったとたん、プロである彼らのいいようにやられてしまいます。

「ネットではあの金額を提示しましたが、実際に車を見てみたら思ったより状態が良くなかったので15万円ほどマイナスになりますね」

などと、平気で行ってくるような業者もいるかも知れません。

素人対プロの一騎打ち的な契約は絶対に避けるべきです。

車を売る際には、安い業者を見つけるというスタンスではなく、安心してお任せ出来るプロを探すというスタンスをとることがとても重要なのです。

Family Going for a Drive

家族が増えたので車を買い替えることにしました

先日、長年乗った車を買い換えました。

結婚して家族が増えるに伴い、一人暮らしのときに購入したスポーツタイプのクルマでは不便を感じるようになりました。

これまでは、自分が楽しければいいというのがクルマ選びの基準でしたが、これからは家族を優先させなければいけないとの思いから、少し大きな車に買い換えることにしたのです。

今回の車選びは、妻の希望や今後の自分たちのライフスタイルも考えて、室内が広めのステーションワゴンにしました。

今まで乗ってきたスポーツタイプのクルマは、個人的にはとてもお気に入りのクルマではあったのですが、さすがに車を2台所有するだけの経済的な余裕はないので、下取りに出すことにしました。

結構乗った車ではありましたので、あまり期待はしていませんでしたが、実際にディーラーの担当の方から提示された二束三文の下取り価格には本当にびっくりしました。

あまりの金額に言葉を失っていると、担当さんは「ウチとはメーカーが違うクルマなので、コレで精一杯なんです。もしこの金額では手放せないということでしたら、ダメもとで買取り店に出してみたらどうですか?」とアドバイスして下さいました。

翌日、家の近くにある買取り専門店に持ち込んで査定をしてもらうことにしました。

確かに、満足とまではいきませんでしたが、ディーラーの下取りよりはいい値段でした。

買取り店の担当さんは気さくに話しかけてくる人だったので、査定の際にはどういった点がポイントなのかについて尋ねてみました。

やはり、まず重要なのは車種だそうです。

当然ながら人気の車種であれば中古車の査定も高くなるとのことです。

私の場合はスポーツタイプのクルマだったのですが、実はスポーツカーというのは若者のクルマ離れもあり、あまり人気がないのだそうです。

ただ、業者さんごとに買取後のルートが違うので、スポーツカーに強い業者であれば、多少は高く買い取ってくれる可能性があるとのことでした。

車の査定額を決めるのは、もちろん車種だけではありません。

年式や走行距離なども、査定に大きく影響する重要なポイントだとのことです。

さらにキズの有無や修復歴、小さなキズなどもしっかり見つけてチェックするそうです。

また、車をきれいにしておくことも、意外に大切だとのことです。

査定をする人に、車を大切に乗ってきたということをアピールすることができれば、多少は査定が甘くなる可能性があるということです。

担当さんの話によって、車の査定というのは、さまざまな条件によって決まるということが理解できました。

同時に、なぜ自分の車が最初に見てもらったディーラーで二束三文の金額を提示されたのかもなんとなく分かりました。