kuruma futari 5

買取り業者との交渉にはなるべく二人で行くようにしましょう

車の査定をお願いするとき、あなたはどうやって対応しますか?

自分一人で業者と対応しますか?それとも誰かと一緒に行きますか?

もちろん、一人で対応するという人も多いことでしょう。

過去に何度が車の買い取りを経験したことのある人なら、交渉の仕方もわかっていて、冷静に話を進めていくことができるので一人で対応してもいいと思います。

しかし、車を売るのが初めての人であれば、なるべく誰かほかの人と一緒に行って業者の対応を行ったほうがいいいと思います。

特に女性は、男性に同伴をお願いしてみることをおすすめします。

車の査定をするのは、たいていの場合男性スタッフなので、専門用語を交えてもっともらしく主張されると、女性一人では反論することが難しいことも多いと思います。

業者は、なんとしてもその車を買取りしたいと思ったら、かなり強引に説得してく場合が少なくありません。

まさに口八丁手八丁で攻めてきます。

そういう状況のときに、ある程度車に詳しい男性と同伴ということであれば、業者の言いなりになることもなく、第三者としての意見も聞かせてもらえるのでとても助かるはずです。

また、二人で対応をすることにより、一人で対応しているときよりも、自分自身も冷静でいられることが多く、変にプレッシャーを感じることも少なくなると思います。

独身の女性であれば彼氏や友人、既婚の女性であれば旦那さんを連れて行くといいと思います。

もちろん、女性二人で行っても問題はありません。

ただしその場合は、日和見主義的な人ではなく、しっかりと自分の意見を主張できる人と一緒に行くようにするといいでしょう。

車の買取りに関する契約は、一度書類にハンコを押してしまうとキャンセルが困難です。

キャンセルをしようとすると、高額なキャンセル料を請求してくるような業者もなかにはあるようです。

あとで後悔をしないためにも、一人で業者と対等に渡り合えるというハートの強い人以外は、誰かと一緒にいくことが無難だといえます。