At the car dealer, Salesman and client shaking hands model released property released PUBLICATIONxINxGERxSUIxAUTxHUNxONLY MLF000027

AT The Car Dealer Salesman and Client Shaking Hands Model released Property released PUBLICATIONxINxGERxSUIxAUTxHUNxONLY MLF000027

ディーラーへ下取りに出すことの買取り店にはない大きなメリット

車の売却をする際に迷うのが、ディーラーに下取りに出すか、それとも買取専門店に持ち込むかという点ではないでしょうか?

そこでディーラーへの下取りのメリットについて、買取店に持ち込む場合と比較しながら考えてみることにしましょう。

車をディーラーに下取りに出すことのメリットは、あらゆる点において融通が利くということです。

新しい車を買う契約をしたとしても、その車が納車されるまでには時間がかかります。

人気車の場合ですと、何ヶ月も先にならないと納車されないこともしばしばあります。

ディーラーへの下取りであれば、その車を納車の日まで引き続き乗り続けることが可能です。

まれにディーラーから車を渡して欲しいと依頼される場合もありますが、その際でも代車を手配してくれますので、不便な生活を強いられることはありません。

こうした融通が利くのがディーラーに下取りに出すことのメリットの1つです。

これが買取業者を利用する場合ですと、新車の納車日に都合よく合わせてくれるという保証はありません。

あくまでもその車を買い取りすることだけですので、査定をして値段を出した車を納車の日まで待ってくれるというお店は少ないと思います。

買取業者と契約をするのは、車を手放すことが条件となりますので、仮に買取り金額を提示してもらったとしても、納車の日にその金額で買い取る保証はまったくないわけです。

中古車の価格というのは日々変動しますので、車によっては納車日までに数十万円査定額が下がってしまうということもあり得ることです。

買取り店はディーラーよりも高額な金額を提示することが多いですが、それは今すぐその車を手放すことが前提で算出した査定額であることを知っておくべきです。

ところが、ディーラーでの下取りの場合には、納車がどれほど先に延びようとも、新車を買う契約をした時の査定額で下取りをしてくれます。

ディーラーにおける車の下取りは、新車などの購入が前提となっているので、ある程度融通が利きますし無理も聞き入れてくれることもあるわけです。

買取り専門店の査定額が高いというイメージばかりが先行しがちですが、実はディーラーへの下取りにもこのような大きなメリットがあるわけです。

 

参考サイト:ネット見積もりとディーラーはどちらがお得?