kuruma jikosha 6

事故を起こした車の買取価格が二束三文なんてウソです

事故を起こした車は、まともな値段では売れないとお考えではないでしょうか?

確かに中古車業界では、事故車というのは別枠扱いになり、査定の額が大きく下がってしまいますが、まったく価値がなくなるというわけではありません。

ただ、事故車そのものの絶対数が少ないので、買取業者側も実績が少ないのが現状であり、本来の価値で評価されないことが多いようです。

私が事故車の売却をするために、ある買取業者に査定をしてもらったところ、1~2万円という買取り額を提示されました。

あまりに安い金額でしたが、事故車なので仕方がないとなんとなく納得してしまいました。

しかし、その場で即決はせずに、もう少し考えてみることにしました。

後日、今度は事故車専門の業者に査定を依頼することにしました。

すると、驚いたことに25万円という評価額がついたのです。

こういった事故車専門の会社では、開発途上国などの海外への輸出ルートや、部品供給用としてのルートがなどが確立されており、一般の買取り業者では出せないように金額を提示することができるようです。

この業者の査定士によると、走行不能な事故車の買取実績も多いそうです。

不動車であっても、レッカーでの引取りが可能なので、まったく問題なく買取できるそうです。

事故の損傷が大きくて動かない車であっても、新しい車であったりすると損傷を受けてない部分のパーツなどは高く売れるので、想像以上の査定額になることもあるようです。

たとえば、正面からぶつかった車の場合、サイドのドアやリア周りはまったく無傷であることも多いものです。

逆に、後ろから追突された事故車であっても、エンジンのあるフロント周りはまったく損傷なかったりするわけです。

そういった無傷の部分を、パーツに分解して売ることができるわけです。

このような理由から、過去に事故を起こしことのある車を売るときには、事故車専門の買取り店に査定をしてもらった方が絶対にお得になると思います。

一般の買取り店に1万円~2万円で引き取られて、そのままスクラップにされる運命なんて、いくら事故車であってもかわいそうですよね。