kuruma-ikkatsu-06-11

一括査定サイトで1社にしぼって交渉するのはダメ!

車の一括査定サイトを利用すると、5社~10社程度の買取り店から査定額を提示してもらうことができます。

一括査定サイトを利用する目的は、自分の車を少しでも高く買取りしてくれる業者を見つけることですから、なるべくたくさんの業者に査定をしてもらった方が有利です。

また、車の査定というのは、ある程度の相場はあるものの、各業者の事情によって大きく買取り額が変わってしまうことも少なくありません。

車によっては、査定額が一番高い業者と一番低い業者で20万円~30万円も違ってくることもよくあることです。

一括査定サイトを利用することによって、各業者の査定額を簡単に比較することができますが、ここで注意をしなければならないことがあります。

それは、最初から一番高い買取り業者1社にしぼって交渉をしないということです。

たとえば、一括査定サイトに申し込みをした結果、8社が査定額を提示してきたとします。

しかし、このときの各社が出してきた査定額というのは、あくまでもネットからの情報をもとにした概算にすぎません。

実際にいくらで買取りをしてもらえるかは、直接クルマをみたうえで、再査定をして決定することになります。

そのため、最初の概算査定の段階で、一番高い1社にしぼって残りの7社をお断りしてしまうというのは、非常に危険であるということが言えます。

ライバルがすべて消えて、自分の会社とだけと交渉していると分かった買取り業者は、現地で実際の車を見たあとに、さまざまな理由をつけて、買取り価格を一気に下げてくる可能性があります。

「思ったよりも傷が多かった」とか「ちょっと塗装に痛みがあるようですね」などと、適当な理由をつけて買取り価格を下げてしまうわけです。

査定の専門家にそんなふうに言われてしまうと、こちらは素人ですからそれに従うしかなくなってしまいます。

そういったことにならないように、一括見積もり査定サイトで一番安い業者が見つかったとしても、必ず2社~3社にしぼったうえで実際に車をみてもらい、最後まで競わせたうえで最終的に売却をする業者を決めるようにするのが鉄則です。