kuruma-deizeru-06-12

ディーゼル車が高く売れないといわれる理由

日本では、ガソリン車が主流となっています。

ヨーロッパなどでは、燃料費が安くて燃費のいいディーゼル車は人気が高いのですが、日本ではあまり注目されないようです。

ベンツなどのヨーロッパの自動車メーカーがつぎつぎとディーゼル車を販売しているのに対して、国内の自動車メーカーはディーゼル車の開発に消極的です。

マツダが性能のいい乗用車用のディーゼルエンジンを開発して注目を集めていますが、いまのところ他のメーカーがその流れに追従する様子はないようです。

日本人にとっては、ディーゼルエンジンというと、どうしてもトラックのエンジンというイメージが強いようです。

ガラガラとエンジンの音はうるさいし、排気ガスも黒煙を含んでいて汚いと感じている人が多いようです。

しかし、最近の乗用車用のディーゼルエンジンは非常に静かで、例のガラガラという音も、エンジンルームに耳を近づけなければ気がつかないほどです。

また、度重なる規制によって排気ガスもクリーンになり、マフラーから黒煙を上げて走っているディーゼル車はいまや皆無といってもいいでしょう。

このように技術革新により、かつてのディーゼル車とはまったく別の車といっていいほどの進化を遂げているにもかかわらず、なぜか日本では人気がイマイチとなっているのです。

人気がないということは、当然ながら中古車市場での相場も高くなりませんから、買取り価格もそれほど期待できないことになります。

しかし、海外となれば話は別です。

中東や東南アジアの国では、耐久性の高いディーゼルエンジンは大人気ですから、日本の品質の高いディーゼル車は高く売れることになります。

ですから、もし今あなたがディーゼル車に乗っていて、少しでも高く売りたいと思っているのであれば、海外への輸出ルートを持っている買取り専門店などに査定をしてもらうといいでしょう。

また、そういった国々では日本のように排ガスの規制も厳しくありませんから、日本国内では専用の装置をつけないと走ることのできないような年式の古いディーゼル車であっても、高額で買取りをしてもらうことが可能なようです。